English Study Support

公立小・中・高で英語を教え、イギリス大学院でMA TESOLを修了した現役英語教師が、英語学習を頑張る多くの日本人のためにちょっとでもお手伝いがしたいなあと思って始めたブログ。

助動詞の働き

f:id:ToyT810:20191013075224j:plain

本時の目標:基本的な助動詞の働きを抑えよう!

 

 

Q1、He (               )(                    ) both English and French!

   「彼は英語もフランス語も話すことができるのよ。」

 

Q2、Do I (                    )(                   ) do it now?

   「今それをしなきゃいけないの?」

 

問題なく空欄が埋まるでしょうか?

基本的な助動詞を抑えれば、

「話す」→「話すことができる」、「する」→「しなければならない

のように、動詞に様々な意味を加えて表現することが出来ます。

 

それでは基本から見てみましょう!

1 助動詞の基本
  形:主語+助動詞+動詞の( 原形 )

 まず、助動詞と動詞は必ずセットで使います。動詞の意味を助けるのが助動詞です。動詞の隣にいないと助けられません。また、主語が何であろうが、動詞は原形になります。sやedなどが付いていない元の形のことです。疑問文、否定文にしたいときはbe動詞のルールになります。

be動詞のルールって何?という方はこちらをどうぞ。

 

autonomouslearning.hatenablog.com

 

EX)He can play tennis. (肯定文)
       Can he play tennis? (疑問文)
       He can not (can't) play tennis. (否定文)

 

 

 次に、基本的な助動詞の種類について抑えましょう。どんな助動詞があり、どんな意味が付け加えられるのでしょうか。

 

2 助動詞の種類 意味
①(  will  )                    ~するつもりだ。 ~だろう。
②( can )(過去形 could)  ~できる。 ~かもしれない。
③(  may  )                   ~かもしれない。 ~してもよい。
④(  must  、have to )  ~しなければならない。
⑤(  should  )                   ~すべきだ。

 とりあえずこの5種類を使いこなせるようにしましょう。他にもありますが、この5種類を知っていれば何とかなることが多いです。

 

EX)It may rain tomorrow.             「明日は雨かもしれない。」

   You should watch "weathering with you". 「天気の子は見るべきだよ。」

 

 最後に、知っておくと便利な日常的な表現です。

3 助動詞を使った日常表現  
①( Can   I )~? = ( May   I )~?     : 「 ~してもよいですか? 」
②( Shall  I )~?            : 「 (私が)~しましょうか? 」
③( Shall we )~? =( Let’s ~ )  : 「 (一緒に)~しましょうか?」
④( Will you )~? =( Please ~ ) : 「 ~してくれませんか?  」」
⑤mustn’t~     : 「 ~してはいけない 」
⑥don’t have to~ : 「 ~する必要はない 」


 ⑤⑥に関しては注意が必要です。mustとhave toは同じ意味ですが、否定文にすると意味が変わります。伝わり方が全く異なりますので、注意してください。また、have toに関しては疑問文「Do I have to~?」、否定文 「don’t have to ~」と、一般動詞のルールとなります。

 EX) You must not go there now.    「今そこに行っちゃだめだよ。」

     You don't have to go there now. 「今そこに行く必要はないよ。」

 

それでは確認です。


Q1、He ( can )( speak ) both English and French!
   「彼は英語もフランス語も話すことが出来るのよ。」

Q2、Do I ( have )( to ) do it now?
   「今それをしなきゃいけないの?」

 

 【今回のポイント使った一言フレーズ】

Can I have a Medium Latte, please. 「Mサイズのラテをお願いします。」

 だいたいカフェやレストランで注文する際はこれでいけますよ!!

 

Thank you for reading, see you soon!