English Study Support

公立小・中・高で英語を教え、イギリス大学院でMA TESOLを修了した現役英語教師が、英語学習を頑張る多くの日本人のためにちょっとでもお手伝いがしたいなあと思って始めたブログ。

言語と文化 英語VS日本語

f:id:ToyT810:20191023000303p:plain

 

こんばんわ。

このブログをご覧頂き、ありがとうございます。

 

自由気ままながらも、今後も英語学習に関してや、留学に関して役立ちそうな情報をお伝えできるように頑張ります!

さて、私自身もさらに英語の能力に磨きを掛けられるように、英語学習に奮闘中ですが、今でも、ふと、疑問に思うことがあります。

それは、

あれ?なんで自分は日本人なのに、こんなに英語学習に必死なんだろう??

なんで日本人なのに、英語が出来ないことに劣等感を感じているんだ??

 

皆さんもふとこんなふうに思ったことありませんか?今回はちょっと立ち止まって、

なんで日本人が英語をこんな必死に頑張ってるんだ!?この劣等感の正体はなんだ!?

ということを自分なりに考察して、劣等感をぶち壊したいと思います!!それは英語を学習しながらも気を付けたいことにつながるかなあと思います。

 

ではまず、言語と文化の面から考えてみます。 

 

 言語と文化

 言語と文化は表裏一体だと言われています。ある言語を学ぶということは、その言語を使っている国や地域の文化の影響を受けるということでもあります。英語を勉強すれば、知らないうちにアメリカやイギリスの文化的な影響を受けています。日本語で話していたら穏やかな人なのに、英語で話しだしたら人格が変わったように陽気になる人なども結構いますよね。日本には敬語があるから上下関係を意識して丁寧な言葉使いをするけれども、英語では目上の方とも対等に話すことになって、なんだか戸惑うなんてこともあります。知らない間に、その文化の影響を受けているわけです。問題なのは、英語を学んでいる内に、英語を使っている西洋の文化が正しいなんていう錯覚に陥ってしまうことがあることです。なぜか英語が話せる西洋の人々に憧れを抱き、英語が思うように使えないことに劣等感を感じることもあるかと思います。

 

 

劣等感の正体はこれっぽいですね。

でも、そもそも、その劣等感を感じる必要があるのでしょうか?

そこで、英語と日本語の歴史にアプロ―チしてみます!

 

 

英語の歴史 VS 日本語の歴史

 それぞれの言語の歴史を調べてみたら、面白いことが分かりました。

 まず英語についてですが、まず4世紀末に始まったゲルマン大移動により、イギリス本土でゲルマン系の言語が話されていました。11世紀前半ごろに、イギリスはデンマーク近辺にいたデーン人に支配され、ノルド語が入ってきました。その後ノルマン朝時代にフランス語が大量に入ってきて、14世紀にはラテン語が多く取り入れられていきました。さらに17世紀前後には文化人たちにより、英語にはない言葉をラテン語ギリシア語から借用してきました。そうして、私たちが今知っている英語の形態は18世紀ごろに出来上がってきたとされています。

 つまり、英語は多くの国からの借用語で言語が進化していき、現在の英語としての歴史は意外と浅いということです。

f:id:ToyT810:20191023155225p:plain

     英語はそれぞれの言語からの借用語で成り立っている。

 

 

一方、日本語はどうでしょうか。

下の表を見てください。どーんっ。

f:id:ToyT810:20191022232317j:plain

 世界史を一つの年表で表してみると、世界中の国が国の成立と破滅を繰り返してきたのに対し、日本だけはずっと日本です。どこの国にも侵略を許すことなく、日本だけは国もその文化もずっと守ってきました。言語形態については、起源は諸説ありますが、中国から漢字が伝わり、7世紀ごろから万葉仮名が使われるようになり、その少しずつ少しずつ編成を遂げていき、明治時代におおよそ今の字形になったとされています。言葉なので常に変わっていくものですが、国を侵略されて言語形態が一気に大幅に変わるといったことはなかったようです。

 

 そのように考えれば、英語に比べて日本語の方がその言葉に長い歴史を持っていることが分かります。ですから、まずは日本人が日本語を使っていることに堂々とすれば良いのではないでしょうか。

 「歴史ある日本語を使える日本人」にまず価値があるのであって、「その日本人が英語を使えること」にさらに価値が付くのではないでしょうか。私たちが英語を使うがゆえに日本人らしさを失ったり、西洋の文化が正しいなんて思いこむ必要は一切なく、堂々と日本人として英語を使えればそれでいいんだと思います。

 日本が長い時間をかけて作り上げてきたこの文化は、他の国が簡単にコピーできるものではありませんし、今の日本の文化はいくらお金があっても新たに生み出すことも出来ません。英語を使っていく上でも、日本人は日本の文化と言語を大切にしていきましょう! 

 

 

ほっ。なんだかちょっと肩の荷が軽くなりました。

英語はあくまでコミュニケーションツール!

西洋人になることが目的ではない!

日本の文化を背負って英語を使えば良いし、西洋人に劣等感を抱く必要なんてない!

 

よーし、また英語の学習頑張っていきましょーう!!